コロナ感染予防対策について

コロナ禍の第5波も終息に向かいつつあります。15歳以下のワクチン接種も進んでいますが、

これから冬に向かうのでまだまだ油断はできません。

塾として対策できることはすべて継続して行っていきます。

塾に到着後、荷物を置いたらまず手指洗い。男女トイレ、給湯室にも石鹸をおいていますのでトイレに行った時も手指洗いをしてもらっています。

生徒のみなさんには、手を洗いながら「お誕生日の歌」=「ハピーバースデイ」を2回分歌うことをお勧めしています。

 

 

トイレの後、読書や辞書・参考書などの調べ学習、タブレットやパソコン使用後など、かならずアルコールによる手指消毒を実施してもらっています。

人によっては3時間の授業で4,5回は消毒しているようです。

 

 

授業中は扇風機を3台フル稼働して空気の換気に努めています。夏場はいいですが、冬場は生徒のみなさんも嫌がりますが、めげずにつけっぱなしです。

定期的に窓と入り口ドアを開放し寒くても暑くても換気優先です。

 

 

生徒のみなさんは自分の席ではもちろん、調べ学習等で教室内を移動するときも先生の席に来るときもマスクをしたままです。

英語や社会の教科書を音読するときは息が上がって苦しそうですがみんな我慢してくれています。

授業中は入り口ドアも開けて換気しています。

 

子ども達が学習する席は適度な間隔を空け密にならないようにしています。

当塾では授業の合間にわずかですが休憩時間があります。その時も原則自分の席で休憩ですからマスクを外すことはありません。