小学生の中学受験クラス

  1. 受験速読(必須科目)
  2. 受験読解(オプション授業)

中学受験の合否は国語力で決まる!

中学受験は読解力で決まります。

塾を替えるより演習量を増やすより、文章をすばやく正しく読むことが志望校合格を引き寄せます!

50倍の速読を身につける

50倍と言っても誰もピンときませんね。

小・中学生の平均的な読書スピードが分速500字と言われていますから50倍は分速2万5000字になります。

しかしこの数字もピンときませんね。

要は400字の原稿用紙を1秒で読めば分速2万4000字なのでイメージできると思います。

 

入会後4ヶ月間は40~70冊程度の本を読みながら読書スピードを上げていきます。

トレーニング開始4ヶ月後の塾生平均は分速2万字を超えています。

そしてトレーニング開始8ヶ月目では平均は何と分速10万字という驚異的な数字を示しています。

志望校に必要な作品を読破する

実は受験に取り上げられる文章は決まっています。

中学受験でいうと必要な作品は130作品程度です。

またそれとは別に高学年で読んでおきたい受験に役立つ作品は合計300冊になります。

これら430作品があらじめ読めていれば、受験にこれ以上のアドバンテージはありません。

 

語い力は増大し頭のデータベースはどんどん増えます。

結果、理解力が伸びて国語以外の科目まで学力が伸びていきます。

ですが普通の受験生は読書より算数や理科の勉強優先ですから、いいことはわかっていても決してできません。

前もって必要な作品を読破する能力は、圧倒的な読書スピードを持つ当塾の子ども達だからこそできる特別なスキルなのです。

中学受験に必要な読書リスト

〇小学4年生読書リスト

合格のための文章読解能力を身につける

速く読めるようになった人に文章を「ゆっくり熟読」してもらうと、当たり前ですが、驚くほど速いです。

本人の「ゆっくり熟読」のレベルが驚くほど速くなっているからです。

このスキルを使った読解問題の演習を個別授業(オプション)で行っています

類題演習から実際の過去問まで驚異的な読書スピードを身につけた人しか経験できないとても実践的な授業となっています。

受験速読コース(必須科目)

受験読解コース(オプション授業)